2017年02月22日

メールアドレスリストを買ったら、こうなった。

2017.02.22

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


私のメルマガ生きる極意」は、購読者が1万人ほどいます。
「凄いですね!」と言われます。

いえ、本当は、ちっとも凄くありません。
というのは、そのメールアドレスの大半は、
業者から買ったメールアドレスリストだからです。

もう10年ほど前ですが、
「メールマガジンをやっているのなら、リストを買えばいい。
 そして、そのメールアドレスに対し、
 自分の商品なりサービスを紹介すれば、どんどん売れ、バンバン儲かるから…」
という話を聞き、私は、まんまとその誘いに乗ったのです。

すると、どうなったか?

と言いますと、
私からメルマガをもらった人は、
私のことなんか知らないし、メルマガを読む気すらないわけですから、
もらって迷惑の、ただのスパムメールにしかならないわけです。

だから私は、
メルマガを発行する度に、
「ウザい」「消えろ」「メール送ってくんな」「迷惑」「バーカ」「死ね」
というメールをもらうようになり、

ついには、
メルマガを発行するのも嫌になってしまいました。





月日は流れ、
今は、私のメルマガを迷惑メールだと感じてらっしゃる方は、
私のメルマガを開封しないか、とっくにメルマガを解除しているので、
最近は、そのような酷い言葉を浴びせられることはなくなりました。

ホント、あの頃は、怖かったです。
だって、メルマガを発行する度に、罵詈雑言のメールをもらうわけですから…。

ちなみに、
スパムメールに対しては、返事を書くのはやめたほうがいいです。
メルマガ解除ボタンを押すこともせず、そっと迷惑フォルダに振り分けるようにし
ましょう。じゃないと、スパムメール発行者に、「このメールアドレス、生きてい
るんだ!」と思わせてしまい、それ以降も、どんどんメルマガが送られるようにな
ってしまいますから…。

本日の教訓です。
1.メルマガの購読者を増やしたくても、メールアドレスリストを買ってはいけない。
2.うっとうしいメルマガは、無視するのが1番。反応してはいけない。


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 09:35 | 憂鬱 | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

「考えて、行動して、やってのける」にしのさんの作品「えんとつ町のプペル」

2017.02.21

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


ついに、
下記の本 えんとつ町のプペル を手にしました。



メッチャ嬉しいです。

私は、著者のにしのさんを、
好き嫌いは別にして、大変に尊敬しています。

何故かと言うと、
彼は、考えて行動してやってのけるからです。

私を含め、多くの方は、
驚くほど、考えが浅いです。
そして、言い訳ばかりして、ちっとっも行動しません。
さらに、行動しても、中途半端・自己満足で終わります。

だから、
私を含め、多くの方は、
妥協の産物ばかりを排出してしまっているのではないでしょうか。

にしのさんは違います、
しっかり考え、たくさん動し、非難にもめげずやってのけてしまいます。

そういうところが凄い です。

皆さんも、上記の本を手にすれば、
にしのさんの血の滲むような努力を感じるかと思います。

ススメの1冊です。どうぞ手に取ってご覧ください。<(_ _)>
私も、にしのさんを見習い、頑張りたいと思います。


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 08:28 | | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

「あなたはどう見られているか?」「あなたが何者か?」お教えします。 

2017.02.20

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


今も昔も、自分探しがずっと流行っているように感じます。
私の気のせいでしょうか? 

  下記の本を読みました。


面白かったです。大変に勉強になりました。
上記の本、ご希望の方に差し上げます。(プレゼントです。無料です。)

欲しい方は、
カウンセリング中に 「ください」 と言ってください。

※ 手間が惜しいので、郵送とかには対応しておりません。
  また、私のクライアント以外の方はご遠慮願います。<(_ _)>


自分探しをして占いにハマる方がいらっしゃいます。
自分の生年月日から、自分を見つけようとされる方もいらっしゃいます。
そういう方は少なくなく、やっぱり、今も昔も、自分探しは流行っていると思います。

私(竹内成彦)は、「自分がどういう人間か?」を、
性格学を研究しているカウンセラーと精神科の臨床医から教えてもらいました。
あれ以上の経験はなく、本当に貴重だったなあ…と、今も感謝しています。

「自分が何者か?」
知りたい方は、ぜひ私のルームを訪ねてください。

エゴグラム性格診断、エニアグラム性格診断、四柱推命、オーラ写真、
カラーセラピー、ありとあらゆる方法で、「あなたが何者か?」お教えします。

私がもっとも得意としているのは、性格分析です。(^_^)

「彼を知り己を知れば 百戦殆うからず」です。← 超重要です。

それにしても難しいなあ…と思います。
反省したほうがいい人は、ちっとも反省してくれないですし、
反省しないほうがいい人は、反省ばかりしています。

私は、カウンセラーとして、
いつも、その人の性格に合ったアドバイスをするよう心掛けています。
逆に言うと、その人がどういいう人か、わからないうちは、積極的にアドバイスし
ようとしません。何故なら、その人に合ったアドバイスでなければ、役に立たない
からです。役に立たないアドバイス、特に一般論とか、ほど無意味なものはないと
思っている私です。<(_ _)>


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 07:58 | | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

3つの健康とガイアの水

2017.02.18

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


健康には、3つあると聞きました。

1.身体
2.心
3.経済


良い仕事(カウンセリング)をし続けるためにも、
健康には、これからも十分に配慮していきたいと思います。

上記の3つは、連動しているそうです。
どれか1つでも健康を害すると、残りの2つも不健康になってしまいます。


  ガイアの水を買いました。


これはいいです。
私は、肌が弱いので、さら湯の風呂には入れなかったのですが、これなら入れます。

頭を洗ったあとも、髪の毛がパッサパサになりません。
なるほど、髪の毛がパサパサになるのは塩素のせいだったのですね。


   蛇口にもつけました。


今までずっと、水道水を飲むことには抵抗があった私ですが、これなら飲めます。
もういちいちペットボトルの水を買ってこなくて済みそうです。

飲んだ感想は、この水は生きている です。

少々高価な買い物にはなってしまいましたが、これなら十分に元が取れます。
こんな良い情報を教えてくださったクライアントには、感謝しています。

人間の体の60%以上は水からできています。
今まで水に無頓着だった自分に、今更ながら反省です。<(_ _)>


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 07:31 | ちょっとタメになる話 | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

クライアントから教わる姿勢

2017.02.17

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


心理臨床 を20年もやっていると、
私のことを神とか仏とか言って崇める方が現れます。

「精神障害福祉手帳を持っている私が、一般枠で就職することが出来ました。」
「竹内先生のおかげで、一生治らないと思っていた心の病が治りました。」
「竹内先生のおかげで、ついに結婚することが出来ました。」
「竹内先生のおかげです。竹内先生は、私の命の恩人です。」等など。

上記の言葉を言われると、
嬉しいは嬉しいのですが、「気持ちを引き締めなければ…」
「もっと良い仕事をしなくては…」と思う気持ちのほうが強いです。

良くなったのは、まぎれもなく、クライアント自身の力です。
私は、たまたま、その場に居合わせただけの、幸運な存在です。





心理カウンセラーとして開業して20年もやっていると、同業者の良くない噂を耳
にすることが多いです。聞いていて、腹立たしく思うと共に、本当に胸が痛いです。

臨床を何十年やろうと、研究を何十年やろうと、
カウンセラーは、クライアントから教わる姿勢を失ってはオシマイです。

なんだかんだ言っても、
クライアントのことを1番よく知っているのは、クライアント自身です。
クライアント自身が、その症状、その問題のスペシャリストなのです。

カウンセラーは、クライアントの訴えに耳を傾け、クライアント自身に気付いても
らうか、クライアントが見落としている事実を、そっと指し示すくらいです。

ときに私も、クライアントにたくさんの助言をすることがありますが、その助言だ
って、クライアントに受け入れる準備がなければ、何の役にも立ちません。

あくまでも、主役はクライアント、主治医はクライアントなのです。

私は専門家だから、
私のほうがよくわかっている、私のほうがよく知っている。
私が治してやる、私の言うことを聞け、私の言う通りにしろ。
私のおかげだ、私は偉いんだ。
等と思い出したら、カウンセラーとして失格です。 (T_T)

カウンセラーは、どこまでも謙虚でなければなりません。
大切なのは、「教えてやろう」ではなく、「教わろう」という姿勢です。

クライアントは、傷つきやすい状態でカウンセリングルームに訪れます。
カウンセラーは、そのことを一瞬たりとも忘れてはいけないと思います。

私も、他所で苦情を言われないよう、
誠心誠意カウンセリングに取り組んでいきたいと思います。<(_ _)>


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 08:34 | ちょっと真面目な話 | 更新情報をチェックする