2009年09月21日

ブルース・リーの言葉「考えるな、感じるんだ!」

▼ いつもお越し下さって、どうもありがとうございます。
ニュース&レターのご購読はこちらからお願いします。


昨日、竹の子会の会長さんと副会長さんの3人で飲みました。
まあ、首脳会議と言いましょうか、親父たちの集まりと言いましょうか、昨日は、会長さんのお祝いと激励を兼ねた、それでもって今後のカウンセリング活動の話し合いも兼ねた、集まりだったのです。

3人集まって話すことは、いつもカウンセリングの話と映画の話です。

副会長さんの言葉にしびれました。
ちなみに副会長さんは、産業カウンセラー協会他、様々な所で、カウンセリングの勉強をしています。

カウンセリングの勉強は、頭を使うことも大切だけれど、ハートを使うことは、もっと大切ですよね。特に、実技演習の時は、それを強く感じます。」
(確か、こんなニュアンスだったと思います。酔っぱらっていたので、あまり自信がないのですが…)

「ブルース・リーが、【燃えよドラゴン】いう映画の冒頭で言っていた、『考えるな、感じるんだ!」ということですよね。』

私も会長さんも、ブルース・リー世代なので、
副会長さんの言葉は、胸に響くというか、すんなり受け入れられるというか、とにかく「はぁーっ」と感心するばかりです。

私の頭の中には、あのカッコいいブルース・リーの姿が広がりました。ブルース・リーは、ただのアクションスターというだけではなく、どこか哲学者のような求道者のような雰囲気を持っている俳優さんでしたよね。


『自分を不幸にしない13の習慣』1ケ月お試し



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

posted by 竹内成彦 at 14:16 | 日記 | 更新情報をチェックする