2013年01月12日

ダブルバインド(二重拘束)とは?

2013.01.12

ダブルバインドとは、二重拘束という意味です。
相手に対し、矛盾したメッセージを伝えることです。

ダブルバインドを使うと、
相手は、「どちらも選ぶことが出来ない…」というを困った事態に陥ります。

ダブルバインドを使う人は少なくありません。
そして、使っている人自身がそれを気付いていないことも少なくありません。

ダブルバインドの代表的な例は、
「勝手にしろ!」「好きにしなさい!」と言って、相手を睨みつけるものです。

この場合、口では「勝手にしろ」「好きにしなさい」と言いつつ、
心の中では、「俺の言う通りにしろ」「私の言う通りにしないと酷い目に会う
わよ」という矛盾したメッセージを伝えているわけですから、言われた方は本
当に困ってしまいます。

勝手にするわけにもいかず、
だからと言って、言った人の言う通りにしたら、
「自分の意志でやった」と思われるので、身動きが取れなくなってしまいます。

その他、
「勉強なんかしなくたっていいのよ」と言いつつ、子どもの成績を非常に気に
したり、塾に行くよう遠まわしに勧めるのも、ダブルバインドです。

← ダブルバインドについて書かれてある書物です。


願わくは、心の中と言動が一致していたいものですね。
特に、カウンセラーにとって、
自己一致は、受容共感的理解と共に、非常に大切なことです。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ありがとうございます。1日1回、下記の3つのランキングボタンをそれぞ
れクリックしていただくと、大変に有り難く、ブログを書く大きな励みなります
にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
posted by 竹内成彦 at 14:24 | カウンセリング | 更新情報をチェックする