2013年03月15日

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

2013.03.15

月に1〜2回ぐらい、家の近くのスーパー銭湯へ行きます。

サウナと風呂に入り、
休憩所で本を読みながらビールを飲み、
岩盤浴と風呂に入って帰る…というのが私のパターンです。

今日もお休みをもらい、行って来ました。

最近は、休憩場で、
「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったか」
という本を熱心に読んでいます。

 

この本は、なんと、2段組みで700頁、
厚みが42ミリもある、超大作の本なのです。(@_@;)

最近の若い人たちは、木村政彦さんも力道山も知らないのですね。
話をする機会があって、ちょっと驚きました。
私らからちょっと上の世代では、知らない人はきっといないと思います。

この木村政彦と力道山の試合は、
テレビの視聴率が100%でした。

100%ですよ、100%。
そのくらい世間から注目されていた試合だったということです。

読み終えたら、同世代で、格闘技好きの、
おやじカウンセラーさんに、この本をプレゼントしようと思います。
もらってくれるかな?


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  




posted by 竹内成彦 at 20:22 | 日記 | 更新情報をチェックする