2013年04月19日

何で、そんな危険な療法を使っているの?

2013.04.19

笑顔の絶えない 若いカウンセラーに、
「何で、そんな危険な療法を使っているの?」と尋ねたら、

そのカウンセラーは、
「結果が早く出るし、やってて楽しいから…」と答えました。

私は言葉を失います…。(^_^;)

気を取り直して、
その若いカウンセラーに、「どこで、どんな勉強をして来たの」と尋ねると、

ビジネスコーチ、NLP、○○(差し障りがあるので書けません)など、
比較的健康なクライアントを指示的・操作的に扱う療法ばかりを学んでいる
ことがわかりました。

私は、
「カウンセリングは、カウンセラーのためにやるのではないですよ。
 ご自分のパワー欲求を満たすためにやるのではないですよ。
 クライエントは、もろく傷つきやすい状態にあることを、1秒たりとも忘
 れないで下さい。」
と言うのが精一杯でした。

※パワー欲求は、相手を自分の意のままに動かしたり、
 有名になって自分の発言力が大きくなること等、
 人に影響を与えることによって満たされる欲求です。

これ以上、被害者が増えないことを、私は切に願います。
今日は、自戒の意味も込めて書きました。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  




posted by 竹内成彦 at 11:28 | 憂鬱 | 更新情報をチェックする