2014年04月23日

過剰適応と不適応

2014.04.23

カウンセリングの歴史は、
「過剰適応している人をどうするか?」という研究の歴史でした。

自分を殺して人に合わせてしまう。
人に合わせすぎて疲弊する。
代理想像ばかりして自分の感情がわからない。
カウンセラーは、
そんな過剰適応している人を援助するのが得意です。

いっぽう、
自分の我ばかり通そうとする。
人に全く合わせる気もないし、合わせることも出来ない。
代理想像できないししたくもないので、人から疎まれる。
カウンセラーは、
そんな不適応している人を援助するのが苦手です。

不適応を起こしている人は、
周りが変わってほしいと思っていることが多く、
カウンセリングに通う意欲も少ないことが多いです。

不適応を起こしている人をどうするか?
というのは、カウンセリング界の大きな課題だと思います。

グループカウンセリングでは、
そんな話もしていけたら…と思います。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  




posted by 竹内成彦 at 20:44 | ちょっと真面目な話 | 更新情報をチェックする