2014年12月14日

掘り下げた質問はしないほうがいい。

2014.12.14

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


今日は、
朝早く起きて、準備して豊田市へ向かいました。
豊田市駅前の喫茶店に60分前に到着、ここでしばらく潜伏します。

10時なったのを確認してから、会場へ向かいました。
今日は、1年に1回ある、
竹の子の「張り付きカウンセリング実技トレーニング」の日です。

終わってみて思うのですが、
今年もいろんな講演会・研修会に受講生として参加した私ですが、
今日の研修会は、大変に充実した、中身の濃い、レベルの高い、素晴らしい研修会
になったと思います。臨床の場を持つ現役バリバリのプロカウンセラーも数名参加
しているくらいの研修会なので、当然と言えば当然かもしれません。

研修中に鋭い質問が出たので、
このブログをお読みの皆さんにもシェアしたいと思います。

掘り下げた質問は、あえてしないほうがいいです。
「表面的な話に終始してしまいそうだ、これでは世間話で終わってしまう…」とい
う危機感を持ったカウンセラーが、クライアントの心の奥にグッと迫る質問をする
と、クライアントは心が傷付く可能性が大です。
カウンセラーが、クライアントの気持ちに寄り添って、丁寧に話を聴き続けていけ
ば、クライアント側から、カウンセラーが恐れていないのであれば、深い話をし始
めるものです。カウンセラーは、それを、準備しながら待っていればいいです。

カウンセラーは、クライアントに、「ここは安全な場だ、どんな話をしても受け入
れてもらえる」という安心感を持たせることが肝要です。そうすれば、クライアン
トの自由連想は進みます。

と偉そうに言っている私も、実際には、出来ていたり出来ていなかったりです。
やはり、知っていることと確実に出来ることは違う…ということです。(^_^;)

勉強会が終わってから、竹の子会の皆さんと、お食事、忘年会をしました。
たまに飲む、昼間からのビールは格別の味です。お食事もとても美味しかったです。
私にとって竹の子会の皆さんは、私の愛と所属欲求を満たしてくれる大切な仲間
です。

忘年会が終わったあとは、いつもなら、カウンセリングルームに寄るところですが、
ほろ酔い気分のまま、地下鉄に乗って、真っ直ぐ家に向かいました。

そして、駅に着いたら、選挙に行って、
ユニクロに寄って、コーデュロイの服を2枚買って、家に帰り着いたとさ。<(_ _)>


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 20:03 | カウンセリング | 更新情報をチェックする