2017年02月14日

カウンセリング能力はエンカウンターで身につけました。

2017.02.14

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


中学校3年生のとき、
毎週、友達の家に行って、受験勉強と称して、夜な夜なエンカウンター(出会い)
をしていました。

青春とは何か? 人生とは何か? 愛とは何か? 恋とどこがどう違うのか?
どうして勉強しなければならないのか? 大人になるってどういうことか?

毎週末、徹夜で、真剣に本音トークを繰り広げていました。
今思えば、あの経験が、自分のカウンセラーとしての能力を存分に身につけさせ
てくれたのだと思います。

自己開示する勇気も、受容される喜びも、話を聴くコツも、友だち同士のエンカ
ウンターで知りました。

皆さんは、真剣に本音トークをしたことがありますか?
涙を目に浮かべながら議論を戦わせたり、
共感し合えた喜びから抱き合ったことがありますか?

この度、4月9日の日曜日ですが、
名古屋国際会議場の会議室でエンカウンターをやることになりました。
ボードゲームを使って、楽しく遊びながら、自分で出会い、他者と出会ってもらい
たいと思います。興味がある方は、コチラからお申込みください。

今回のセミナーは、特典が満載です。
ぜひ、ご応募・ご参加くださいね。<(_ _)>


 valentine_watasu.png

今日は、バレンタインデーですね。
まだまだ寒い日が続いていますが、エンカウンターが開催される頃には、きっと桜
が咲き、そして散り始めていることでしょう。今から開催がとても楽しみです。(^_^)


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 08:09 | ちょっと真面目な話 | 更新情報をチェックする