2017年03月15日

0から1を産み出す力

2017.03.15

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


私は、
自費出版・共同出版・電子出版・商業企画出版、
合わせて6冊の本を上梓しています。

1番好きな本は、下記の「ほのぼの育児」という本です。
honobo.jpg

リアルな私しか知らない人、ブログの私しか知らない人は、
上記の本を読めば、私の印象が変わると思います。

上記の本は、敏腕編集者によって、私の書いた文章が、かなり添削されました。
その添削っぷりは見事としか言いようがなく、早くて正確です。

いつも、添削前と添削後では、私の文章が見違えるぐらい良くなったものです。
それで、1度尋ねたことがあります。
「○○さんは、こんなに文章がお上手なのに、どうして本を書かないのですか?」
すると、敏腕編集者は、次のように答えました。
「僕は、1を2にする力はあるけれど、0を1にする力はないんですよ。だから、
0から1を産み出す力を持っている竹内先生は、本当に凄いと思います。」

ああ、そうなんだぁ…と思いました。

上記「ほのぼの育児」は、
誰が読んでも面白い本になっています。(自画自賛)

いっぽう、下記の「生まれつき性格を大切にする子育て」という本は、
子どもタイプ性格のお母さん、末っ子気質のお母さんに向けて書いた本なので、
上記にあてはまらないお母さんが読むと、「意味不明」「面白くない」という感想
を持つかと思います。 (T_T)




最近は、
行政が頑張っているので、子育てに関する相談が減りましたが、
私は、子育てで悩んでいるお母さんをカウンセリングするのが、とっても得意です。

いつも、しっかり話を聴き、お母さんの性格、子どもの性格を踏まえた上で、
適確なアドバイスをするよう心掛けています。 <(_ _)>


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 08:16 | | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

大富豪の起業塾

2017.03.12

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


私は、本ほど安いものはないと思っています。
たかだか数千円で、著者の長年かけて作り上げた知恵を買うことが出来ます。
こんなにお買い得な商品が他にあるでしょうか?


   大富豪の起業塾という本を読みました。
headline_bkf4.jpg


この本は、ヤバイです。
お弟子さんには絶対に読んで欲しい本であると共に、
ライバルには絶対に読んで欲しくない本です。

私は心理カウンセラーであると共に、
カウンセリングルームを運営する室長でもあり、
起業家でもあり、個人事業主でもあります。

上記の本を読んで初めて、
自分がカウンセラーとして、というより、
カウンセリングルームを運営する起業家として、成功した理由がハッキリとわかりました。

なるほど、そういうことだったのか!?

興味がある方は、ぜひお読み下さい。
とりあえず、起業を考えてらっしゃる方は、読まないと絶対に損だと思います。


今日はカウンセリングを5件しました。
最近は、今まで以上に、笑顔で帰られるクライアントの顔を見ると幸せな気持ちなります。


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 22:51 | | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

「自分でやったほうが早い病」と「3つの幸せ」

2017.03.10

ようこそ!
今日もお越し下さってありがとうございます。


下記の本を読みました。



私は、本選びには自信があるのですが、上記の本は久々に失敗でした。
私には合いませんでした。 (T_T)

本の中で、「3つの幸せ」について書かれていました。
1.人にしてもらう幸せ
2.自分にする幸せ
3.人にしてあげる幸せ

「赤ちゃんは、1ばかりだが、
 成長するにつれて、2そして3へ進む」とのことです。

そうかなぁー と思いました。

赤ちゃんだって、存在自体で、十分周囲を幸せにしてあげたりますし、
成長するしないに関わらず、
人間なら、どの人も、1・2・3の幸せを、十分に知っていると思います。


ところで、人には、
愛したい 」が優位な人と、
愛されたい 」が優位な人と、
どちらとも言えない 」人がいます。

世間的には、
愛したい人のほうが、愛されたい人より、
人間として崇高なイメージがありますが、そんなことは断じてありません。

愛したい人でも、下劣で幼稚な人はたくさんいますし、
愛されたい人でも、高尚で成熟している人はたくさんいます。

愛したい優位、愛されたい優位は、
生まれつき性格で一生変わるものではないので、← ここ重要です。
愛されたい優位の人は、間違っても、愛したい優位な人を目指さないことです。

この続きは長くなりそうなので、また明日、書きたいと思います。 <(_ _)>

ところで、あなたはどっちですか?
愛したい人? 愛されたい人? どちらとも言えない人?
よくわからないですよね。 (^_^;)
無理もないこと。わかっている人は、ほんの少ししかいませんから…。


今日も最後までお読み下さってありがとうございます。
皆様にとって、今日も良き日でありますように…。


登録すると新着記事がラクラク読めます。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
   
posted by 竹内成彦 at 22:06 | | 更新情報をチェックする